工事部 藤本 亮平

工事部 藤本 亮平

新人で不安だった自分に、東部産業の先輩は、
やさしく現場のことを教えてくれました。

建築の専門学校を出て、東部産業には2017年4月に入社しました。今はマンションなどの建築現場で施工管理をしています。現場の安全面のチェックや職人さんの出面のチェックなど、工事を円滑に進めるための仕事が主になります。

建設業界に入った理由は、もともと土木現場などで働いたことがあり興味を持っていたからです。勉強して現場監督になれば、いろんな仕事に関われて面白いかなと思って。

建物はいろんな業者さんがいて、できるもの。施工管理の仕事をしていると、生コン、鉄筋、電気、ガス、水道など様々な職人さんの仕事に触れることができるので、新鮮で楽しいです。

現場以外のデスクワークもあります
主な仕事は現場
初めて完成まで立ち会ったマンションがあるんですけど、やはりオーナーさんや入居者の方が喜んでいるという声を聞くと、うれしくなります。

新人で不安だった自分に、東部産業の先輩は、やさしく現場のことを教えてくれました。まだまだ、わからないことだらけで、勉強の毎日です。

息抜きは、服などを買うことですかね。
ファッションが好きなので、休日はショッピングによく出かけています。

社員の声